宮古島地下水研究会
a society for grandwater of the miyako islands researches

活動報告

2022 2021 2020 2019 2018

2022

2022/07/18 緊急提案への回答に対する宮古島地下水・・・

タイトル
緊急提案への回答に対する宮古島地下水研究会の見解と提案を市長宛てに送付
概要









【見解と提案の要旨】
「ネオニコチノイド系農薬は、水道法の水質管理目標値設定項目に含まれず、いまだ目標値が設定されていない。農薬成分に感受性の高い胎児や乳幼児への慢性暴露の閾値は十分解明されていない。
水道部の直接人体に影響はないと断言するまでの科学的根拠はない。安易に「安全宣言」すべきではない。予防原則に基づき早期に発見し対処する為には、スポット測定のみではなく、定期的モニタリング調査、高感度測定機器による測定そして検査結果の市民への迅速な公開が必要です。」
7月1日付け市水道部見解を掲載した沖縄タイムス及び宮古毎日新聞担当記者に、上記と同様な要旨で、 研究会の見解について親書を送付。
資料1
資料1

2022/07/09 2022年度定期総会

タイトル
2022年度定期総会
概要





2022年度定期総会をズームにて開催。共同代表前里、新城、友利、事務局次長平良、監査根間、 顧問渡久山が参加。他の会員には総会文書を郵送し書面議決としました。
議題1:2021年度事業報告及び収支決算報告書(財産目録)について議案説明後監査報告がなされ、賛成多数で承認された。
議題2:2022年度事業計画書及び収支予算案について議案説明後、賛成多数で承認された。 理事会で、平良雅則の事務局長就任、大城智の副事務局長就任が了承された

2022/07/05 6月6日市長宛て提出の「化学農薬・・・

タイトル

6月6日市長宛て提出の「化学農薬が検出された水道水長期飲用による健康影響の懸念」に関する緊急提案についての市側の回答が送付された
概要




回答の要旨は下記の通りです。 「宮古島市といたしましては、まず水道水源保全流域・浄水に関しましては、水道部で、その他の流域では環境保全課で、ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬項目の検査を実施、検査結果を市民に公表していく流れとしています。継続してモニタリング調査を行うかにつきましては、検査結果を基に判断いたします。」
資料1
資料1

2022/06/29 座喜味市長と市長室で20分ほど面談・・・

タイトル
宮古島市座喜味市長と市長室で20分ほど面談
概要





宮古島市座喜味市長と市長室で20分ほど面談。水道水・地下水及び市民の尿から複数農薬成分検出について緊急事態である旨話す。
6月6日付けで市長宛ての親書・緊急提案・資料を既に送付しているのにも関わらず、市長は硝酸性窒素に関することが主体で、農薬の「の」の字も出ず、話がかみ合わなかった。下記の資料と市長及び関係 部署との意見交換の場を早急に設けるよう要請し、下記の追加資料を提出した。
資料1
「みどりの食料システム戦略と総合的農薬管理」
資料2
「命の水」地下水の持続可能な保全と利用の為に宮古島市に取り組んで頂きたい事

2022/06/28 水道水及び住民の尿から複数農薬検出・・・

タイトル

「ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬の地下水、水道水中での検出」に関わる緊急提案」
概要


「水道水及び住民の尿から複数農薬検出:子供達への健康影響の懸念」を緊急リリース
NOSAI沖縄宮古支所会議室で、沖縄タイムス、琉球新報、宮古毎日新聞、宮古新報、宮古テレビ記者参加のもと、共同記者会見を行った。
記者会見プレスリリース
PDFファイルで閲覧

記者会見説明
PDFファイルで閲覧
記者会見説明補助資料
PDFファイルで閲覧

2022/06/06 ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾー・・・

タイトル

「ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬の地下水、水道水中での検出」に関わる緊急提案」
概要



沖縄県宮古農林水産振興センター所長に緊急要望書を手交
「化学農薬が検出された水道水長期飲用による健康影響の懸念」に関する緊急提案
市長への面談手交ができない為、親書、緊急提案書、農薬濃度測定結果分析報告書、その他資料を親展で郵送。回答期限までの返事は得られなかった。
手交
PDFファイルで閲覧
緊急提案書
PDFファイルで閲覧

2022/05/17 ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾー・・・

タイトル

「ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬の地下水、水道水中での検出」に関わる緊急提案」
概要






5月17日企画政策部エコアイランド推進課長及び環境衛生局長に手交
資料に基づき説明しましたが、返事は水道部長、農林水産部長の回答とほぼ同じでした。環境衛生局長は、「モニタリング調査するにしても、重要な事項なので関係部局との調整が必要であり、特に予算が伴 うので財政課との協議が必要で時間を要する。」との回答でした。まず市長に要望書の手交をお願いしたが、秘書課から関連部署へ提出し、関連部署から市長に報告の形が必要と断られた。関連4部局との 面談の結果、関連部局から市長に提案要望は不可能と思われる。
緊急提案書
PDFファイルで閲覧
緊急提案書
PDFファイルで閲覧

2022/05/11 ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾー・・・

タイトル

「ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬の地下水、水道水中での検出」に関わる緊急提案」
概要




宮古島市水道部部長に手交
要望事項1,2については、すべての項目を調査し公表できないないとの返事でした。条例に基づく(市補助対象農薬)補助実績については公表している。農薬の使用量については、適正な使用量を指導しているとの見解がありました。条例に基づく会議(ZOOM会議)なら出席できるが、個別の会議には出席できないとの回答でした。
緊急提案書
PDFファイルで閲覧

2022/04/27 ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾー・・・

タイトル

「ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬の地下水、水道水中での検出」に関わる緊急提案」
概要



宮古島市水道部部長に手交
水道部は、水道法の水質基準項目に基づき調査するので、ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬濃度の年間モニタリング調査は含まれておりません。調査するかどうかは、関係部署(内部)との検討が必要(3~4ヶ月かかる)との見解でした。
緊急提案書
PDFファイルで閲覧

2022/04/13 市民10人から採尿し、尿中ネオニコ・・・

タイトル
市民10人から採尿し、尿中ネオニコチノイド系及びフェニルピラゾール系農薬成分調査
概要
痕跡を含め全員から複数の農薬成分検出。
研究レポート
PDFファイルで閲覧
トップへ